かつてギター小僧に憧れられた「YW-1000」 大人になり手にしていない方が多いのはなぜ?

この前出演したライブでは、出番の前からギターをケースから出し、スタンドに立てかけてたんですが

「YW-1000ですよね?昔欲しかったギターです」

とお声かけいただきました。

1984年製の僕のYW-1000。1986年の1月に購入。何度か書いているんですが「YW-1000」が欲しかったわけではないんです。

アコギをはじめ数年。Martin(マーティン)に憧れ、当然本物が購入できるわけではなく購入したYW-1000。当時購入の際には、もったいないのではと周りに言われながら購入。

40歳になってまたライブをさせていただくようになり、このアコギのおかげでたくさん声をかけていただきました。

「昔欲しかったぁ~」
「欲しかったけど、変えなかった」


その度に嬉しくなりながら、そうおっしゃる方の所有ギターを見ると

Martin(マーティン)だったりGibson(ギブソン)だったり

そうK.YAIRIでなかったりします。

僕もそうですが、若かりし当時Martinに憧れていながら、そのコピーモデルに憧れていたという方が多いということか。

本物なんてもってのほか、
コピーモデルさえ手に届かない

そんな時代だったからこそ「YW-1000」は人気があったのか。多くの人に憧れられながら、購入されていない「YW-1000」。その理由やいかに。

K.YAIRIのラインナップが、コピーモデルよりもオリジナルシェイプモデルにシフトしているのも、偶然ではない気がするのは僕だけでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク