色々なアコギと色々な弦の組み合わせ ベストマッチを考える時の当たり前で基本的なこと

いいアコギを持っていればいい音がなるか。そうとは言いきれないのがアコギ。音が鳴るのは、弦が振動しその振動がアコギが共鳴するもの。となれば、弦の振動がよくなければいい共鳴はしないわけ。当たり前ながら

弦は非常に大事

なのは言うまでもなし。

知り合いのアーティストの方が、ある方に

『いいギター持っているのだから、もっといい弦使いましょう』

と言われたそうな。確かにそのとおり。

で、いい弦ってなんだろう。いい音のする弦ということでしょうが、僕も色々と試しました。で、結局一番いいなって思ってたどり着いたのが

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
D'Addario EXP16 Coated Phosphor Bronze Light×3SET アコースティックギター弦
価格:5250円(税込、送料無料) (2016/10/5時点)

D'Addario(ダダリオ)のフォスファーブロンズのコーティング弦「EXP16」。コーティング弦の長寿命の機能そのままに、エリクサーみたくヌルヌルした感じがないのがよくきらびやかで好みの音。

...と偉そうに言ってますが、コレ

K.YAIRIの出荷時弦

だったりします。

作り手が自ら選択した弦が僕のK.YAIRI達にベストマッチなのは言うまでもなく、結果自分もベストという結論を出してます。

「どのような弦がいいですか?」

と人から聞かれた際に、

「出荷時の弦を試されたらどうでしょう?」

って言うのも自分の経験から。そう試奏で感じたインスピレーションはアコギだけでなく出荷時弦でもあったりするわけですので。

スポンサーリンク

スポンサーリンク