ノーベル文学賞を受賞したミュージシャン 生み出す音楽すべてに受賞対象でない戸惑い

音楽界というか世間を最近騒がし、また思わず

『えぇ~っ!』

と思ったニュースが、ボブディランのノーベル文学賞受賞

驚きとともに、戸惑いも...そのような方も多いのではないでしょうか。

「文学賞」という賞とボブディランの歌詞。これにどうにもピンとこなかったわけですが、K.YAIRIオフィシャルブログで道前氏も同様の事をおしゃってて自分のモヤモヤをわかりやすく伝えてくれてます。

メロディあっての歌詞ですので、歌詞だけクローズアップすることなんて音楽好きの我々には考えられない

まさしくその通りで、文学から見てもこの選考は文字だけで表現している作家の方たちにとっても冒とくの様な気がしてたわけ。

ボブディランといえば、数々の名曲がありそのメロディとともに歌詞がシンクロされて評価されるべき。

ちなみに僕は


コチラ↑↑のアルバムに度肝を抜かれた一人。

このアルバム、アコギとハープの弾き語り...それもワンテイクでの録音ですがそのライブ感、なんといっても


  • ヴォーカルの渋さ
  • アコギのテクニック
  • 全曲カバーなのにボブディラン


が体感できるアルバム。

歌詞一つにスポットを当てるというのに違和感を感じたのは、生み出したアルバム全体に衝撃を受けたから。

...ところでご本人に直接受賞の連絡ができてないとか。ご本人もきっと戸惑っているのでしょう。きっと(笑)。

※参考サイト
K.YAIRIオフィシャルブログ「がんばる」

スポンサーリンク

スポンサーリンク