日米の悩める価格帯の間に投入された 舶来のTaylor(テイラー)の2016年日本限定モデル

Taylor(テイラー)は日本市場に相当ちからを入れているのか2016年日本限定モデル第4弾が発売とのこと。

Taylor自体がというより、その人気が振りから日本が限定モデルを呼び込んでいるのでしょう。

今回はお手頃な100シリーズから。


お手頃なシリーズってことですが、このシリーズにもTaylor自慢の「ES2ピックアップ」が搭載されるわけですので、十分Taylorが堪能できるモデル。

さて10万円前後でのエレアコモデル。悩ましい価格帯ですが、各メーカからライブ即戦力といえるモデルが手に入るおいしい価格帯と思ってます。


YAMAHAのAシリーズは僕も弾いたり聞いたりしますが、強烈なインパクトは感じない中の高安定感って感じで安心して使えるモデル。しかしながら


弾いた感じでは、ハイプレッシャラミネイト材(おがくずを固めたようなもの)をトップ材としたMartin(マーティン)のコチラ↑↑の方が僕的には好感触なんですね。ほぼ好みみたいなものですけど。どっちかと聞かれればMartinかなぁ。

まぁ~価格差があるわけですがその中間に入ってくる今回のTaylorの限定モデル。その実力はいかに。

※参考サイト
Taylor 日本限定モデル第4弾「100シリーズ」5モデル発売

スポンサーリンク

スポンサーリンク