アコギの弾き方のクセについて考える 右手、左手、弾き方 そして音に影響する弾く場所

アコギの弾き方って人それぞれにクセがあるよう。それは右手のピッキングや左手の押さえ方。さらには、弾き方・弾くフレーズ...いわゆる手癖といわれるものまで。

このクセはアコギを始めた当初、例えば教えてくれた人とか、影響を受けたアーティストに依存している部分があるようで、僕なんか

『長渕剛氏が好きでしょ!』

とその弾き方、フレーズまでばれてしまう始末。

習うより慣れろ、そして真似ろ!とはよく言われたものでそのとおり実践したゆえでしょう。

さてもう一つ感じているクセは

弾く場所

弾く場所とは、右手でピックなり指でつま弾く場所。普通に考えるとサウンドホール真上がベストなはずですが、僕の場合はややブリッジ側なんですね。これは始めた頃、ブリッジ側で弾いた時の音が

コーラスのかかったような音っぽく

感じたため、それが好きで身についてしまったクセ。逆によくご一緒するアーティストの方はネック側を弾かれる方もいらっしゃいます。これも意識しないうちにそうなっているとか。

で、厄介なことにこれ意識していないだけに、修正しようと意識してもできないこと。いや、できますが逆にそれが気になってプレイがおろそかになっちゃいます。

先日のライブでそのクセを指摘され

「だから音がキンキンしちゃいがちですようね」

とそのクセゆえの特徴まで的確な指摘。

色々なクセがありますが音色に影響のあるクセならば、なおすのが賢明。少しずつ少しずつ中心へ移動させたいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク