また出たエイジング処理されたアコギ 今度の名前は「サーマルモデフィケートテクノロジー」

時が経てばアコギ材の乾燥がすすむことにより乾いたいい音が。

それを初めから実現できないか。

各メーカーが最近色々と挑戦しているのか。

以前書いたようにYAMAHA(ヤマハ)からは温度、湿度、気圧を制御することでエイジングを実現した「A.R.E(Acoustic Resonance Enhancement)」

Ibanez(アイバニーズ)からは特別な乾燥工程で実現した「Thermo Aged(サーモ・エイジド)トーン・ウッド」

で、今回楽器フェアでTAKAMINE(タカミネ)から発表された

TDP700M-TT.jpg

「TDP700M-TT」。

こちらは、。真空状態で加熱する特殊加工により伝達力を高める「サーマルモデフィケートテクノロジー」と呼ばれるエイジング処理を採用。

加工や製法の違いがあり、名前も違いますが目指しているのは経年による効果を狙ったもの。

『果たしてどれほどの効果があるのか...』

ただこれほど、あちらこちらから発表されてきますと

これが基本になる

かも。そんなうがった見方をしちゃいそうになる、またまたの登場です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク