ピックと爪の音のバランスを重視への結果か?指でつま弾く柔らかい音が使えない理由

インストなどかじった事があるものの、ほぼアコギ弾き語りをメインにしている僕はフィンガーピッキングをあまりしません。

フラットピックを使ったストローク、アルペジオ、スリーフィンガーが主であり、曲によってはサムピックを使うのがスタイル。

メインがフラットピックだけに、それには形や素材や大きさや固さにこだわりがありますがサムピックはそれほどでもなく、手に入るものを使っている感じ。

一つこだわるとすれば、ストロークする場合もあるので指から外れにくいことか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
TAB/スペシャル・サムピック TAB SPECIALII
価格:400円(税込、送料別) (2017/1/17時点)

ゴムで指に装着する部分をしめるという外れにくいと評判のコチラ↑↑がいいな...と思いますが、結構なお値段にまだ手をだせていません(笑)。

さてそんなにこだわりがないなら、サムピックを使うことなく、

「親指で弾けばいい」

という事になりそうですが、僕は右親指の爪が伸びるとすぐに割れてしまうので、爪が伸ばせず指で弾くことに。では

「指で弾けばいい」

となりますが、中指、薬指と爪が伸びてますので親指だけ指で弾くと、音のバランスが悪くなるんですね。では

「中指と薬指の爪を切ればいい」

と言われそうですが、そうなればフラットピックでの自分の得意なプレイができず...というわけでピックと爪ありきになっちゃいます。

この弊害としては当たり前ながら

指でつま弾く柔らかい音が使えないこと。

歌もギターもささやきが苦手なのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク