もう一つのYAIRI「S」 Martinに憧れてたのなら「K」ではなく「S」のはずが...そんな試奏の感想

持っているアコギの3本がK.YAIRIなようにファン。


  • 弾きやすい事
  • 音が好みだという事
  • 手工によるこだわり


などがその理由ですが、もともと最初からK.YAIRIを手に取ったわけではなく

Martinに憧れ、そのコピーモデルの一つ

という理由で「YW-1000」を手に取った高2の冬(もう32年前)。以来一緒弾き語りをしてきたという思い出とともに、自分がこの音が身体に染み付いたのか好きになったような部分もあります。

ところで、当時もう一つの「YAIRI」があったのはご存知のとおり。

「S.YAIRI」

僕が購入検討している時代は、そのブランドに陰りがでてた頃で当時は選択に入ってなかったんですが、後で知ったことながら

Martin(マーティン)のコピーと言えば「S」の方

Cat's Eyesと並び、S.Yairiは忠実にMartinをコピーしていわけで当時の僕がよく知っておれば「S」を選んでいたかも。

というわけで、楽器店に70年代の「S」があったので弾かせてもらいました。

『やはりMartinっぽい!』

Martinを持っているわけではありません。弾くといっても知り合いものや試走レベルで長い期間弾き続けた事はありません。

ですが、やはり目指している音の方向性は本家だという事は、僕のようなものでもひしひしと感じます。

あの楽器店の「S」。傷だらけでしたがK.YAIRIとは全然違う...そして凄いいい音(好きな音)!

30数年前の僕がコレを弾いていたらどう思ったことか...当時のアコギを弾くだけで10代に戻れるようで、やはり試奏はやめられません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク