弦を弛めるべきかどうか その答えはたった一つではなく、アコギ毎に違う答えがあるのかも

アコギを取り扱う上で、色々意見が分かれるのは「弾いた後の弦を緩めるかどうか?」という事。K.YAIRIファンの僕は、公式ページに書いてある

頻繁にお使いいただくギターであれば、毎度弛める必要はありません。

という言葉を信じて、よっぽどの事が無い限り弛めはしません。毎度弛めることによるチューニングの面倒さよりも、弦へのストレスが気になるからゆえですが、これはメーカーやショップなどでも色々な考えがあるようです。

で、ふと思った事が色々な考えの違いもさることながらアコギの作りの違いによる、考えの違いもあるのではと。

あくまでも仮設ですが、例えばMartin(マーティン)は、日本国産ブランドと比較して鳴りを重視しているゆえ、トップ材が薄く作られているとか。

そうしたアコギの場合、弦の張力により薄くつくられた分トップ材が膨らむと考えられますがトップ材がそのような状態になった場合、修理のしようもないって事で、ネック側にストレスが逃げるように設計されていると聞いた事が。(ネックならネックリセット等の手がうてるってことで)

なので、トップ材がやや厚めの国産ブランドと比較してMartinは、取り扱いに気をつけなければネックが反りやすいのかも。こんな話を聞くと、僕でもMartinの場合は都度弦を緩めるようにするでしょう。

またもともと弦の張力を想定して作られているモデルもあったりで、あまり弛めっぱなしの場合逆反りの心配も。

「弦を弛めるべきかどうか」という問に一つの正解はなく、それぞれのアコギにそれぞれの答えがあるのかもしれません。

※参考サイト:K.YAIRI公式ページ「よくあるご質問」

スポンサーリンク

スポンサーリンク