コーティング弦ではない長寿命! その化学的処理の正体はいかに トリートメント弦の本性

いい音を奏でるかどうかが、弦の良しあしを決めるものですがもう一つ言えば

「長寿命がどうか」

って事もあります。

長寿命といえば、エリクサーが代表的なコーティング弦がありますが、それとは違う話題の弦と言えば

「トリートメント弦」


このトリートメントされた弦、説明を読んでも理解が難しいです。

『原子のスプレーペインティング』と例えることの出来るユニークな表面処理技術「Ionic Vapor Process処理」が施された

とありますが、化学など最も苦手な分野。コーティング弦とはまた別のモノとのことですが何か化学的処理が施され、長寿命を実現しているとのこと。

コチラの記事を読むとその難しい化学的処理を解明されてませんが、その特徴は説明されてます。

弾きやすく、チューニングしやすい

とあらば、その価格が高くても一度は試してみたくなるもの。

ん~家中に弦がありますが、また新たに買っちゃうかもです。

※参考サイト
トリートメントを施した弦張ってみました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク