アコギ保管時の弦を弛めべきかの論争 はっきり断言しているクラフトマンの言葉と愛器

以前も書いたことがあるアコギの保管について。保管時に弦を弛めるべきかを再度考えてみる事に。といっても実は僕の中では答えが出ているんですが。以前ある方のアコギを借りた後、返却した後に

『弾いた後は弦を弛めないんですか?』

と言われて、おそらくその方だけではなく、多くの方が弛める方がベターとおっしゃいます。楽器店でも多くは弛めた状態で展示してますね。ですが、僕の場合はお察しのとおり

弦は弛めない派

これは弾いてきたアコギによっての考えもあるかもです。

弦を弛めるべきかどうか その答えはたった一つではなく、アコギ毎に違う答えがあるのかも

アコギを取り扱う上で、色々意見が分かれるのは「弾いた後の弦を緩めるかどうか?」という事。K.YAIRIファンの僕は、 公式ページに書いてある 頻繁にお使いいただくギターであれば、 毎度弛める必要はありません。 という言葉を信じて、よっぽどの事が無い限り弛めはしません。毎...

以前書いたコチラ↑↑の記事のように、ブランドの制作ポリシーによって弛めた方がよいアコギもあるでしょう。そうなれば、弛めるべきと考えるのは自然。ですが僕の場合弾いてきたアコギがK.YAIRI中心ですから

K.YAIRIのお考えに感化されている

ってのはあります。さて、この議論において、弦は弛めるべきとはっきりとおっしゃる方はいても、弛めるべきではないとはっきりおっしゃる方はあまり目にしません。が、

【訪問インタビュー】淀みの無い作業と温かい雰囲気に、ヤイリのクラフトマンシップを見た

「K.Yairi」のアコースティックギターは国内外問わず世界中のプロ・ギタリストからの支持を得ているギターブランドです。今回アコースティックギター博士が岐阜県可児市にあるヤイリギターの工場を訪問、マスタークラフトマンである小池健司さんがインタビューに応じてくれました。普段はなかなか聞くことができない貴重なお話を紹介します。

そんな中でK.YAIRI のマスタークラフトマンである小池健司氏はコチラ↑↑の記事にあるようにはっきりと言い切られてます。氏はご存知のとおりカスタムショップの「By-Ken」を手がける泣く子も黙る方。そんな方が


「張りっぱなしで大丈夫。むしろ緩めてはいけない」と答えています。安定させるのが一番で、チューニングを下げたり戻したりすることでネックやトップが動かされるのが、ギターには良くないんです。弦を張った状態がギター本来の姿。長期保存するならちょっと緩めた方が、とも言われておりその意見は否定しませんが、私自身はそれを実施したことがありません。心配ならちょっと緩めても問題ないよ、というレベルです。弦で引っ張られていないと、木材は前後に限らず右にも左にも行こうとしますから、緩めるのは気休め程度にとどめておきましょう。


ここまでおっしゃってます。先に書いたように全てのアコギには当てはまらないかもしれません。ですが彼らの目の届くところで作られているアコギであれば、

間違いないっ!

でしょおそらく。

さて30年以上付き合っている「YW-1000」。弦を弛めず保管していてプレイングコンディションとしては何も問題ないところを考えれば、氏の言葉に偽りはなしと確信しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク