いつまでも洗練さを感じるブログデザインは? 謎の男の事例から

先日書いた『駅のホームで毎日電話している謎の男』の話。

人間ウォッチング 駅のホームにて

毎日見るちょっと気になる人の話。毎朝同じ電車に乗って出勤するわけですが、乗換駅のホームでいつも見かけます。ただ見かけるだけなら、印象深くないんですけど いつも電話している ちょいとワイルドな顔した僕ら世代の男性がいるんですよね。 スマホを片手にホー...


少し情報が入りました(^^)。至近距離ではなかったものの、そばで立ってたところ...

『体調悪い』

という声が!聞こえた瞬間心の中で『おぉ~!』って胸の鼓動が高まりましたよ、ホント。

ただこの言葉の後に「?」がついた疑問形なのか、「。」なのか。それにより質問しているのか...自分の状況を報告しているのか...これがいまだ不明です。ただ

歌っているのではないのは確か

だって歌詞がこんなサビの曲聞いたことないですからね(^_^;)。

さてBloggerへ移転してみて

2018年よりブログを「はてなブログ」から「Blogger」へ移転(まだまだ鋭意移行中)してみて結構気に入ってます。巷では地味だとか何とか言われ、まぁ僕も当初そう思ったもののシンプル美っていうか

「なかなか、え~んちゃいまっか!」

って感じ。(標準語では「なかなかいい感じですね!」の意)

Bloggerってシンプルっていうより自由にカスタマイズして、使いたいように使ってください...って解釈してますが

  • なんとなくBloggerのデザインについて検索し
  • 「Vaster2」というテンプレートがいいよって記事を読んで
  • 記事に書いてあるようにテンプレートを適用
  • 必要なウィジェットを整理・配置
  • ヘッダーナビの配色を少し変更
で、できたのがこのページ。


「Vaster2」ってテンプレートはカスタマイズ前提作られているとかで、色々とカスタマイズされている方がいらっしゃりますが、僕の場合

コレで納得!...というか気に入っちゃた!

って感じ。大体他のブログサービスなんかの用意されてるテンプレート選びって大いに悩むんですわ。

  • なぜに大きなお花がトップに?
  • なぜにそんなキャラクターが?
  • なぜにそんなありえないフォント文字が?

の「なぜ」だらけ。シンプルかつクールな感じなものってありそうでないです。

ところで

僕がホームページ開設というのにチャレンジしたのが、西暦2000年の少し前。当時は個人ホームページが大流行してて

「ホームページビルダー」

みたいなコンテンツ作成ツールをインストールしページ作成をしていたもの。そのできたページと言えば、アクセスカウンターやアイコンやらGIFアニメやらが配置した手作り感満載のページ。


浅生鴨のホームページ

null
コチラ↑↑は今でも現役の懐かしい風ホームページ(^^)。アクセスカウンターやらキリ番、流れる文字(Marquee)が懐かしい!頑張れば、頑張るほどゴチャゴチャして...なんですが、僕も作ってましたね(^_^;)。

ある種この方も謎の男

で、何気にそんな個人ホームページをノスタルジックに振り返っていたら、今でも某大物俳優の公式ページがあの懐かしい個人ホームページっぽいとの情報が!

それがコチラ↓↓

某大物俳優の公式ページ

いかがでしょうか?間違いなく「ホームページビルダー」ライク。ただ、ゴチャゴチャしてなくいたってシンプル。シンプルゆえに残っていると言えるでしょう。

シンプルほど時代に迎合しない美しさがあるわけで、僕のような「美」に疎い人間は、シンプルに徹すべきと考えるようになったきっかけのキラーコンテンツ。...これも、某大物俳優のおかげかなぁ~。

それにしても現代の芸能メディアにおいて、この古くさ...もとい、シンプルなデザインとは...駅のホームで毎日電話している男性級のですね。

※参考サイト
Bloggerユーザーにおすすめの厳選テンプレート3選

スポンサーリンク

スポンサーリンク