ブログの世界でのホームランへの道 人それぞれのアプローチについて

今日もブログ記事を書いているわけですが、結構長い間続けてます。

おっ、いきなり上から目線恐縮です(^_^;)。

そんなブログですけど、ブログをしている人には始めた理由がそれぞれあるはず。例えば

  • 自分の歴史を残しておきたい
  • 何か言いたい事、発信したい情報がある
  • 自分の芸術(写真や絵、音楽)を発表したい

など崇高な理由をお持ちの方も多いでしょうが、

  • アフィリエイトで小遣い稼ぎしたい

って方も多いのではないですかね。ここまで読んで誤解をされたかもですが、決して小遣い稼ぎが俗な理由とは思ってませんよ。えぇ~それはそれは立派な理由だと思ってます。星の数ほどブログがあり、生まれては消えていく入れ替わりの激しいブログの世界。そんな中で、広告収入を得る事ができる記事を発信できるってのは

コレ才能あり!

と言えるはずだからね。だってブログに広告を貼れば、成果が上がるものではないですもん。

当ブログもいよいよ開始

実は最近このブログにも広告を貼ったんですよね。

地味ぃ~に下の方にね。

このあたり控えめな性格がなせる技でしょうな。
(再度の上から目線恐縮です)

少し前に「Google AdSense」に申請していたところ、なんと「手続き完了!」とのメールが。なんと合格したんですわ。ほぼアクセス無人島状態のブログなのにね。Google様って案外優しいわぁ~って思ったもんです。でもね

広告貼ったところで、成果はほぼ期待できない

ってことは重々承知してますよ。そんないきなりドカンと広告収入が得れるような、簡単にホームラン記事なんては打てっこないですもん。


ブログでホームラン

を打つってどういう事なんでしょうかね。世間に認知されるって事であり、いわゆる「バズる」記事を発信するってことでしょうか。で、そんな記事を生み出し続けるアプローチって色々あるでしょう。良質な記事、皆が欲しい情報だけでなく、

釣り記事やわざと炎上を狙う記事

なども当てはまるはず。となれば、いい記事が書けるように鍛錬をするか、何らからの形で目立つように大振りするかってのがホームランへの道なのかも。...でもねぇ~自分的には

『大振りだけはしたくないなぁ...』

やっぱり等身大っていうか、背伸びしたくないっていうか。大振りしてホームランってのは基本「まぐれ」って事もある。だから、鍛錬してホームランを打つための力を蓄えたいっていう感じなのかな。でも、そんなに気負ってはないんですよ。自然体にブログに接していければいいなぁって。

僕のブログ論における師匠

ブログ論を考える上で、凄く腹落ちするエントリーを発信される「自由ネコ」師匠。

【反面教師】「読まれないブログ」を分析して「読まれるブログ」を目指す - 自由ネコ

「読まれるブログの共通点って何なんだろうな...?」 って話です。 ブロガーにとっては、ある意味、永遠のテーマですね。 ふと思っただけなんで、深い検証など一切なし。 私は、いわゆる「人気ブログ」をあんまり読みません。 全く読まないわけじゃないけど、人気のあるブログを読むヒマがあったら「面白いのにまだ人気が出ていないブログ」を読みたい、って思っちゃうので。 ...

二つのワードで、あるべきブログ論を見事に表現されてます。師匠(勝手に呼んでます)、感服です!

  • 思いやり
  • 自分自身の気持ち

という二つの言葉。前者は僕が人と接する際に気をつけている『誠意』。それがリアルで会ってない見えない読者に対しても同じ姿勢でってこと。これがまずはベースライン。

で、後者の自分自身の気持ち...これも経験からわかりますわぁ。クリック狙いの記事ってどうしてもそこに気持ちがいきがち。結果自分自身も面白くない記事になるってのは誰もが経験する「ブログあるある」では(^_^;)。書かなくてはではなく、書きたいを大事にしないと面白くもないし続けるのも辛いですから。

だから理想はですね。まず面白いかどうかより人が読んで気分が悪くないような記事を書くこと。これ人が読んでくれるブログの基本ですからね。その上で自分のバッティングフォームでヒットを狙い

ヒットの延長線がホームランになる

ってことかなぁ。まずはルール違反をせず、バットを短くもちミートを心がけて、野手の間を抜く...それができてからのスタート。

Google様から合格通知をもらったからって大振りしてはいかんのです。決して。

スポンサーリンク

スポンサーリンク