ブログアクセス度外視の指針『借り物でない自分の言葉を全力で書こう』

無駄な事をしない人...まぁ合理主義っていうかそんな人はいますね。少し嫌な言い方をすれば損得勘定をして、得が無いことは積極的に取り組まないって事なのかなぁ~。

例えば今僕がやっているブログの移行作業。1600程度の記事を編集しながら一つ一つ公開している作業なんて、「得=利益」と考えれば何も「得」なんてないけど

「得=得るもの」と考えれば「得」がある

...そう思う今日この頃。ん~理屈っぽいなぁ~。でも我慢してしばらくお付き合いください(^_^;)。

過去の自分に思うこと

一つ一つ記事を編集するって事は、読むわけですよ数年前に書いたブログ記事を。これがまぁ~

苦笑

の連続なわけ。誤字脱字はともかく、まず文章の稚拙さ...そしてなにより

背伸びした感満載の記事に

ですね(^_^;)。ブログをスタートした当初。そこには超ど下手な文章ながら、当時の等身大をもがきながら書いているようですが、数年し少々文章もマシになった頃から色気が見えてくるんです。

アクセスを集めたいという色気

がね。

これには心当たりがあって、ある知人が自身のブログに広告を貼ってアフィリエイト収入を得ているなんて話を聞いたわけ。そうなれば、『自分も!』って。で教科書どおり

ある特定のジャンルに絞って、最新情報を発信

しようという方向性へと一直線に向かってます。

ブロガーとアフィリエイター

編集してて見てるのがつらいのが、この頃の記事。

  • アコギ関係の最新ニュースを載せて
  • その商品のアフィリエイトの商品リンク貼って
  • 手にとってもないそんな商品達を適当レビュー
ってのが定番。読んでて全て同じ記事に見えちゃうんですんわ。そんなかつての記事達を編集しながら

『へぇ~こんな記事書いてたんや』

と忘れている記事もしばしば。これアカンです。でもこれ当初は面白かった!今読んだら薄っぺらいつまんない記事なのに

アクセスは増える!アフィリエイト収入も入る!

のが体感できたから。でもそんなペラペラ記事なんて検索から一回は流入してきても、二度と読まれないですわね。だからアクセスをキープするために記事だけは次々に書かなきゃいかない...となる

『もぅ...なんか疲れたぁ...』

って感じになったわけ。書くことにではないですよ。むしろ書きたい事って本当は色々あったはず。それが人に役に立つとか、広告収入を狙いたいとか関係なくね。読んでもらえなくても、日頃思っている事なんかも書きたいし。

ただジャンルを絞ったアフィリエイト目的となると

  • ジャンル外の記事は書けない
  • 知ったかぶりの最新情報をなぞらえているだけ
となって、特に後者の状況に段々しんどくなってきたんですね。

今回古い記事からの移行作業を進めるうえで、こんな心の移り変わりがくっきりと記事に表れてます。面白いですね~。ある意味財産と呼べるかも。

あの人の名言

ただやっぱり内容の薄い記事を乱立してもある程度で頭打ちし、少しずつアクセス数が減少してきます。これは言わずもがな。

そういえば田中角栄さんが言ってました。

『借り物でない自分の言葉で、全力で話せ。
そうすれば、初めて人が聞く耳を持ってくれる。』
そうでしょう。その通り。

どこかの情報記事をなぞらえて、わかったようにレビューしたり記事に書いた事を言い換えているだけの「借り物の言葉」なんて誰の心にも残らない。ならシンプルに

  • まずは書きたい事を自分の言葉で書けばいい
これが出発点ってことを、今回の移行作業で改めて「た」気がします。それでアクセスがあれば最高!...ぐらいが僕の今のブログ指針かな(^^)。

スポンサーリンク

スポンサーリンク