トリにまつわる昔話と弾き語りLive Bar MK2のライブレポ 

小さい時から変に運が悪い事ってありました。

確か...あれは小学校時代。剣道を習っていたんですけど、新春の初稽古で剣道教室の全員が集まって一対一形式で試合形式の練習をするんですわ。何十人もいるなかで、道場の先生が一人一人呼んで稽古に入る...そんな練習でしたっけ。

でもね...なかなか僕の名前を呼んでくれないわけ。『いやぁ~な感じはしましたよ』子供ながらにね。で残っている人数を数えると

奇数

なんですわ。これ最後に残るのだけは嫌...いや、正確にはこの時少しは覚悟はしてました

『最後に残るのは僕かもしれない...』ってね。

結果ですか?まさしくビンゴ。僕が最後まで残って、ただ一人先生と練習をしなければならないっていうね...恥ずかしい思いをしたもんです。でもまぁ~おかけで、教室のみんなから

『ジョーカー』(かろうじてババではなかった)

ってあだ名をつけてもらって、しばらくはおいしい思いをしたけどね(^^)。

そんな昔話を思い出したライブレポを

何の話やねん...ってことですが、2/17の「弾き語りLive Bar MK2」さんのライブ。


こんな感じでいつものようにMK2さんは僕を迎えてくれたんですけど、僕がいつもと違った...まぁ喉がガラガラしててあまり声が出ない状態だったんですね。

このライブに合わせて先日できたばかりの新曲をやろう!って気合いは入れてたんです。何といっても錚々たるメンバーの中で

トリに抜擢!

だったんで。えぇ、そりゃ~気合いは入れてました。


---------------------------------
「これまでも、これからも」
「歌えたらいいな」
「まぶしい歌」
「フレンチトースト」
「咲くサクラ、散るサクラ」
~アンコール
「気持ち華やぐこの場所に」
---------------------------------

でも気合いを入れても、「南天のど飴」を投入しても声がでなかったです(^_^;)。申し訳なかった。ですけど、ご一緒したアーティストさんに対しての僕の不義理疑惑ネタ(意味不明ですが、当日でご一緒した方はご理解いただけれるはず)で随分と

いじっていただき、おいしい思い

ができました(なんのこっちゃ)。アンコールまでいただきありがとうございます!

ご一緒したアーティストの皆さまは

はじめてご一緒したシンジさん。ガットギターで馴染みのあるカバーを披露。やわらかいその音色をきいて一度ガットギターを挑戦してみたくなったほど。

ラシエラビーナスさんのステージは間近で『ベストヒットUSA』を見ているみたい。ノリノリで楽しい!

サコシンさん。このお名前は存じ上げないので初めましての方だろう...と思ってましたけど、何度かご一緒したサコタさんとcindyさんのユニットやないですか。いや~2月中旬とはいえまだ外は寒く入店するやいなや「メガネが曇り」気づきませんでした(^_^;)。ステージに立たれてからの挨拶、失礼しました。

H&Mさん。お二人のオリジナル曲は大好きで、本日もステージの真ん前でガン見させていただきました。ありがとうございます。

って感じで楽しいライブでございました。ご来場いただきました方、店主さまやスタッフの皆さまいつもありがとうございます。ジョーカーのままで終わりたくないんで

リベンジの機会

をぜひ!よろしくお願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク