絶対的正解のない難問に挑む 自分にとってのベストなPUを探すのだ

何て言うかいくら調べても、考えても達成できない事であるやないですか。例えば

  • 絶対片付く整理整頓方法
  • 絶対痩せる方法
  • 病気にならない食事法

などなどね。この手のモノって昔から様々な方法やノウハウ本が発売され、しかしながら今も新しい方法論が生み出され続けている事実。これはもう

誰にでも当てはまる正解がない

ってことになるわけでしょきっと。価値観や体質、もちろん年齢の違いなんてあって当たり前。だから自分に合ったものを、どう見つけるかってことなんだと思うわけですよ。

何の話?...だからアコギピックアップの話です

前振りのネタ同様にアコギのピックアップ(PU)にしても同じように思うわけです。


コチラ↑↑は愛器「YW-1000」に装着してる三木楽器オリジナル「Oval Type 1」。何度かライブ時のトラブルに巻き込まれながら、時折魅せてくれる極上の音。

これどういう事かって言うと、このPUを選んだって事は音の傾向としては好きなわけですね。ただ、ライブ会場の場所によってパフォーマンスが異なるんですよぉ。これがですねアコギPUが

「絶対片付く整理整頓術」以上に悩ましいところ。

自分の価値観だけでなく外部環境にも依存するという不確実性が、絶対的なPUが現れない理由なんでしょう。

で、現在「YW-K13-MAP」用を検討中



もう購入して早いもんで7年。今までも簡単に取り付けれる


「FISHMAN NEO-D Humbucking」を緊急用に準備してたものの、ご覧のとおりサウンドホールから『だらーん』とケーブルが出て見た目が悩ましいのがなんとも(^_^;)。いやそれ以上にマグネットのピックアップのエレキ臭はどうにも価値観が合わずでライブに登場することがほとんどない状態なんですよねぇ~。

でも最近コイツを家で弾いていると、弾きやすさに加えていわゆるアコギらしい音を奏でるもので

『こりゃ~ライブへ持っていかなあかんな』

と駆り立てるわけです。そうなるともう...答えのない旅に足をつっこんでしまったわけやね(^_^;)。

現時点での考えを備忘録的に書いてみると...

さっきも書いたけど、マグ(マグネットタイプ)は合わんかなぁ~。あとピエゾでもインブリッジタイプは「YAMAHA L10-ES」を持っているから、あえての選択はなし。あとやっぱり

サドルとブリッジの間に何か挟まっているだけで生音がね...

ってのもありますし。となれば


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
L.R.Baggs 《エルアールバッグス》 iBEAM Active
価格:25488円(税込、送料別) (2018/3/31時点)

このあたりが候補かなぁ。「iBEAM」は「FG-300D」に装着してもらって特性からも好きな方向性だし。「iBEAM」にさらに


パラアコをかませるってのもいいか...なんてね。思っているわけです。

『夏頃には「YW-K13-MAP」をライブに持っていきたいなぁ~』

...勝手にせい!って言わずあと数ヶ月程(長ぁ~)お付き合いくださいませね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク