熱いこだわり、熱き心って素敵すぎる 5/26~27 浜松でYAMAHA FGが弾き倒せる祭り

先日「臨機応変」って言葉のとおりにできたらいいなぁ~って記事に書いたわけ。

第16回音千祭に参加 猛烈な反省とちょっとしたご意見、感想などを

小学校の卒業式の文集だったか、みんな寄せ書きに言葉を書くやないですか。例えば「努力」とか「友情」「勇気」とかね。僕なんかホントなにも考えずに「勇気」って書いたんやけど、そんな中で 「臨機応変」 って書いた同級生がいてね。 『なんか素敵な言葉やなぁ』 って小学生な...

その気持ちに嘘は無いし、もちろん「臨機応変」「自由自在」な人はリスペクトするんやけど、器用に立ち回る事ができなくても...ん~言い方悪いかもしれないけど、不器用であっても一つの事に対しては誰にも負けないモノがあるって人には、より魅力を感じるわけですよ。

スポーツは何やらしてもダメなのに長距離走だけ速いみたいな。

実際いたでしょ。地味なんやけど、マラソン大会だけ速い奴。僕ね、昔からそんな奴とよく友達になってた気がする。


趣味が多くても敵わない話 趣味が無くても、少なくても

いつも友人に囲まれて楽しそうにしてる後輩がいてて、そんな奴だから人気もあるわけ。で、何気なしに 「趣味って何?」 って聞いたわけですよ。するとね、 「趣味っすかぁ~。ん~特にないんすよぉ。」 って。で、 「しいて言えば皆でワイワイやることか 好き かなぁ~」 って...

あっそういえばコチラ↑↑にもそんな事書いてたね。どこか心の奥底に広く物事を知っている人よりも、一つの事を極めている達人に人間的な魅力を感じちゃうみたいやね(^^)。

そんな達人の話を一つ


このギターは所有する「YAMAHA FG-300D」。このモデルは高校一年の時に初めて買ったアコギでね。僕にとってはかけがいのないモデルなわけですよ。でもなぜか人に譲ってしまってね。そんな後悔したって話をある方が憶えててくれて、持ってきてくれたのがこのギターなんですよ。で、その方こそが

自称日本一のYAMAHA FGコレクターのミサイル濱野(ミサハマ)さん(写真右)。


いや~熱い方でねぇ。おそらく恐ろしいほどのこだわりをお持ちなんやと思います。そのある部分(YAMAHA 中でもFGシリーズ)のスポット的な知識、で、そんなこだわり満載の話を聞いてるとほんと面白いもの。原辰徳氏が「ジャイアンツ愛」なら、ミサハマさんは「YAMAHA FG愛」の方。このギターを譲ってもらったとき


グータッチしてもらっときゃよかったなって(^^)。

熱い熱い熱い「ヤマハ FG 弾き倒しまつり@クリエート浜松」

その熱き男が、熱き心で、熱いイベントをYAMAHA聖地の浜松で開催!

ヤマハ FG 弾き倒しまつり@クリエート浜松

null

2018年5月26日(土)27日(日)
クリエート浜松(浜松市中区早馬町2番地の1)
土曜日は前夜祭的に19:00~21:00まで弾き放題!
日曜日は10:00~18:00まで弾き放題!!
開催協力金として1,000円(入退室自由)ご協力願います。
試奏可能FG(予定)
FG赤ラベル全種類
FG-75.110.140.150.180.220.230.280.300.350.500.550
FG-1500.2000.The FG.The FS
and.more...(手配した車に積めるだけ)

ミサハマさんはギターショップを経営されているんですけど、このイベントは販売イベントやないですからね。自身のコレクションを


こんな感じで並べて、『さぁ~どうぞ!弾きまくりやがれっ!』ってイベントですから。失礼を承知で言うとですね、商売として考えると違うんではないかと思うんですよ。関西在住のミサハマさんが、自費で自らのコレクションの中から約100台を静岡は浜松まで運搬して開催されるわけですからね。儲けが...なんて打算なんてないわけですよ。

愛ですよ...愛!

残念ながら僕は浜松までお邪魔することはできないけど、聖地ですからきっと愛に溢れる方はいらっしゃるでしょう。ぜひ愛を分かち合っていただければと思います。また全国のFGファンの方、いかがでしょうか。...だって

愛は追いかけるモノ

らしいですからね(^^)。

スポンサーリンク

スポンサーリンク