名言からの振り返り~凄い人に出会ったときは絶対に喜んでよい!

リアルに会った人から「あんたもしてるやん!」って言われるかもですけど、自慢はなるたけしないように心がけてる。なんでかって言うと照れくさいってのもあるけど、若い頃は自慢される人が苦手だったってのがあってね。あっ、誤解無きように言うと

苦手であって嫌いではないからね(^_^;)。

自慢されたりすると、なんて返事していいのかわからなかったのよねぇ~。だから苦手だった。今は年齢も重ねて耐性ができたのか、大人の対応ができるようになったけど(^^)。これを成長といっていいのかどうか...悩ましいもんですな。

たかが自分は...って意識

自分を卑下するとかじゃないけど、『たかが自分なんて...』なんてのは頭にあって。これは多感な10代の時に聞いた剛のStay Dreamの一節

たかがこんな自分は...と一度だけからかってみなよ

から意識したような気がするんやけど、今日


Tumblrで見た名言にも、『まさしくそうだよな』って腹落ちしました。

「この人には負けた!」、そう思える人と出会ったら、くやしがるだけじゃなくて、喜んじゃっていい。(西原理恵子)

balance-meter:- ブレイクスルーな言葉 (@breakthrough_jp) from Twitter: http://twitter.com/breakthrough_jp ------------- Edited by 空心 web: http://cooshin.com / facebook: http://facebook.com/cooshin

この言葉のあとには

だって、それが「世間の広さを知る」ということだから。

って続くんやけどね、まさしくそう。さっき「たかが自分...」って話をした時に、卑下しているわけではないって言ったけど、自分を卑下しなくとも 自分の目線だけではダメってのはあると思うんよね。

一番勉強になった事は...

社会人になってから2年程勉強できる機会があってね。それはそれは色々勉強になったんやけど、一番何を得たかって言えば

やっぱり無知の知ってことかな。ちょっとキザかもやけどね(^_^;)。

ソクラテスの言葉やけど、さすが哲学者はうまく言うもんやわ。そう...何も知らないって事を初めて知ったっていうかね、そんな感じです。だから以前も言った事あるけど、敵わない達人とか一芸に長けている人には魅力を感じるのかな。先の言葉やないけど、「敵わないなぁ~この人には!」って方に出会ってもっとワクワクしたいもんやね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク