新しいモノや方法論 決定的でなく手を変え、品を変え新しく見える事が大事

ゴルフへ行ってきたんやけど、最近の酷暑の中では曇り空だったんで随分とマシやったです。とは言いながら時折日が差すと、たまらん暑さで即効でバテちゃいますけどね。

ゴルフクラブの決定版って?


それにしてもゴルフクラブって奥が深いよね。いやね。僕は全くこだわりがないんで、10年程前にもらったクラブを今も普通に使ってる。ドライバーなんてヘッドカバーがボロボロだし、ヘッド自体が今のクラブに比べると小さめなわけですよ。

「へぇ~、こだわりのクラブですか?」

ってたまに言われるけど、全くその逆。こだわりが全く無いから、同じクラブ使ってるだけなんやけどね。

でもゴルフ好きな人ってのは、絶えず最新の...そして最強のクラブを求めてるような気がする。で、最強のクラブを見つけたと思ったら、数年経ったらまたクラブ探しをしている...みたいなね。

「まるでデジャブ」

って思うわけですよ。

モノだけではなく、最新を追い求める方法論

まぁ~僕もアコギに関して、同じような行動をとってますんでね。ゴルフ好きの方の、モノに対して新しいモノを欲しくなる欲求は、よ~くわかりますよ。

でもね。以前からちょっと不思議やなって思うのが、方法論...いわゆるハウツーネタ(例えば、健康エクセサイズみたいなもん)も新しいネタを絶えず追い求めているような気がするわけですよ。

そんな鉄板ネタたち

こんな健康エクセサイズのような、何度も何度もメディアに繰り返して取り上げられる鉄板ネタってあるよね。よくテレビ番組なんかでも取り上げられてるし、いわゆるハウツー本も出版されてたりする。こんなのって思い浮かぶだけでも

  • ダイエットネタ
  • 整理整頓ネタ
  • 健康食ネタ
  • 健康エクセサイズネタ
なんかが鉄板ネタかな。本当にこんなのをよく昔から見てた気がするよね。確か、僕が小学校に入るか入らない頃、電車の吊り広告に

「食べながらどんどん痩せる本」

みたいなタイトルの本の宣伝があってね。大きな声で太目だった母親に

『お母さん!痩せる本が売ってるよ!』

って言ったこと覚えてるなぁ。母親にこっぴどく怒られたは言うまでもないです(^_^;)。

なぜこのような鉄板ネタは愛されるか?

これって消費者も気づいていると思う、きっとね。これらに効果を得るために共通して言えることは、

  • 即効性があまりない
  • 継続性が必要
ってことでしょ。過去から色々な方法が流行っては、また新しい方法が流行るの繰り返しの状況で、実際決定的に皆が期待している効果がでる方法なんてないんやと思う。この

決定的

というのは、本来誰もが効果を出す事のできる方法だと思うけど、市場で求められる決定的ってのは、「すぐに」「簡単に」「いつでも」達成できる方法なんやろうね。そんな魔法のような方法なんて存在しないでしょ。だから無いとわかってながらも、いつまでも新しい方法論が流行るやと思うんよ

まぁ~モノにしても方法論にしても、とかく人は新しいもんが好きやよね。で、新しいモノを手に入れたり試したりする瞬間から、次を追い求め始めるってのも同じかな。よ~く考えると新しく見えてるモノや方法論って同じようなもんやのにね(^^)。

わかっちゃいるけど、やめられない

...新しく見えるモノには、なぜかそんな魔力がありますわ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク