これ以上騙さないで欲しい? 携帯料金が高いのはもちろん厄介なのはその難しさ

昔と比較して支出が増えたのって、間違いなく通信費用やよね。そのほとんどが携帯電話代と思うけど、格安携帯サービスが広がってきたとはいえまだまだ高い。さらに、スマホって平均で3年で買い替えって見た事あるから、数万円するものを3年単位で買い換えてる事になるわけです。冷蔵庫や洗濯機はもちろん、普通の方はパソコンさえそんなサイクルで買い換えないでしょ。そう思えば異常やね。

携帯電話料金について




やっぱり高いのか?

携帯料金、やはり高すぎだった?菅官房長官の4割値下げ発言で激震 - ライブドアニュース

21日、菅義偉官房長官が携帯料金には4割程度下げる余地があると発言した。発言を受けて大手携帯3社の株価が一斉に急落する事態に。大手3社の料金はロンドンと比較すると3倍近く高い額になっているという

これに関して最近菅官房長官が

携帯電話料金はあまりにも不透明で、他国と比較すると高すぎる。競争が働いていないと言わざるを得ない

って発言したよね。イギリスの3倍程度だとか。4割程度値下げが可能...って発言もあったようで、我々利用者が高いと思ってる感覚どおりなんやと思う。でも、この料金の高さももちろん問題やけど、もっと問題なのは

料金プランや割引サービスが複雑すぎる

ことでしょ。いわゆる実質○○円とか言われてるアレなんかそうやね。プランやサービス、そしてそのための条件が絡み合って何が何だかわからん状態になっちゃうもん。で、これによる問題が

使う側が理解してないまま契約している

ってことだと思うんよ。

以前携帯ショップへ行ったときの話

諸手続きがあったんで会社帰りに携帯ショップへ行ったんやけど、まぁ毎度の事ながら思うのは

『平日の夜なのに、混んでいるなぁ』

って。まぁ僕自身手続きで半日以上かかった経験が何度かあるんで、手続きに時間がかかるってのはわかってるけどね。でもその様子を見ながら改めて思ったのは

不要なサービスや商品の紹介に時間をかけてないか?

ってことね。その日も「ガラケーから初めてスマホを検討しよう」って感じの年配の女性のお客さまがいらっしゃったんよ。で、お客さんは『何もわからないのでスマホってどんなもの』って聞いているわけ。そのお客様にですよ。店員は一通りのスマホの説明と料金プランを説明した後で

iPadをすすめている

んですよね(^_^;)。便利だし、お得とか言ってね。スマホの使い方を覚えるのに時間がかかるような方で、今までがガラケーの方にですよ。早急に必要ないってのもわかりそうなものなのにね。実際お客様も「それ何するやつ?」って聞かれているくらいですから。

利益重視のショップ対応

ショップにとって新規契約や機種変更は収益の源泉かもしれない。その時に他のサービスを抱き合わせておススメするのは、ショップ側の事情からはそうなのかもしんない。でもね。何が何だかわからないお客様は、難しい言葉を並べ矢継ぎ早にサービスを説明し割引サービスを適用すればほとんど費用が掛からないなんて説明されれば...

『あ~なんか便利そうなんで必要なのかな?』

って思っちゃいますよ。もうコレだましてるレベルでしょ。そんな事に躍起になってるから、携帯ショップっていつでも混んでるんじゃないかなってね。

携帯ビジネスって目新しさと価格競争と囲い込みばかりに目がいく。でも、その流れについていけない人ってたくさんいるわけよ。そのような方が

本当に欲しているサービスって適正料金のプランであり、わかりやすいプラン

でしょ。わざと難しくして利用者の目をくらますようなこと...これ以上止めてほしいもんですわ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク