名前をつける際の黄金比率 四つの文字に秘められた力で覚えてもらって愛されよう

こんばんは、ふじみきです。



突然ですが、以前から清盛(きよもり)とか道長(みちなが)、信長(のぶなが)とか秀吉(ひでよし)って感じで昔から

四文字って言いやすいなぁ~

って思ってたわけです。あと略する時もよく四文字にするじゃないですか。例えば

  • 木村拓哉(キムタク)
  • 遠藤憲一(エンケン)
  • DREAMS COME TRUE(ドリカム)
  • スター誕生!(スタたん)
  • 欽ちゃんのどこまでやるの!?(きんどこ)
  • 朝のドラマ(あさドラ)

...まだまだいきますか?切りが無いんでこのへんで(^_^;)。

四文字って語呂がいい

とにかくですよ。名前にしろ、バンド名にしろ、番組名にしろ色んなところで四文字短縮名が使われてるわけね。で、偉人も四文字がならんでいる。となれば、何かを名付ける時ってのは

四文字にするか、もしくは四文字に短縮しやすくすれば、誰にも覚えやすく愛されやすくなる

んじゃない?って都市伝説のような事を感じてるんですわ。

で、このブログタイトルの件

当然四文字を意識してね。できれば何か意味を持った造語を作って、それを四文字に短縮しやすく・違和感のない言葉...この観点でネーミングを考えたわけね。もともと「ciao」って挨拶の言葉が好きで、笑顔「smile」を合わせてみたんよね。実際「ciao-smile」みたいな言葉はないけど

挨拶して笑顔(^^)

ってなんかそれっぽいじゃないですか。さらに「ciao-smile」を「チャオスマイル」と呼ばせて、短縮名「チャオスマ」で四文字の響きにしたわけ。僕のネーミングルールの黄金比率的にはばっちり!...のはずやけど、覚えてもらって愛されているのか、う~んまだまだあやしいけどね(^_^;)。

アーティスト名(ハンドル名)の件

冒頭の挨拶のとおり「ふじみき」って名前です。昔からのあだ名が「ふじみき」って事もあるし、何ていっても四文字だしコレにしたわけね。もともとこのあだ名は、本名の苗字を少しひねったあだ名なんやけど、よく間違えられるわけですよ女性に(^_^;)。例えば

フジタ ミキコちゃん
フジモト ミキちゃん

的に考えられてると思うわけ。短縮名の四文字だと思われてるわけやね。だからホントどうでもいい事なんやけど、

アーティスト名を「藤原 幹長(フジワラ ミキナガ)」的にして『ふじみき』

にしてみようかなぁ~...なんてどうでもいいよね(^_^;)。本人でもそう思うくらいやから、皆さんはなおさらでしょ。でもね、短縮名『ふじみき』でしっくりくる名前を、何かの拍子に考えてしまう今日この頃。ど~でもいい事でしょうけど、何か浮かんだら教えてくださいねぇ~!

スポンサーリンク

スポンサーリンク