走れ正直者 信じる者が決して、いや多分馬鹿を見ていないはず そう信じたい話

昨日書いた「K.YAIRIのNEWカタログ」の後日談やけどね。

待望のK.YAIRI新カタログ入手 変わらないブランドポリシーのような中にNewモデル

この「NEWカタログ」は無料やなくて、送料とカタログ代含めて82円切手3枚の計246円を支払いしないといけないわけです。で、その支払い方法やけど

カタログに同封された「封筒」に切手を入れて返送

となってるわけ。でもですよ。その封筒って、宛先のヤイリギター社の住所しか書いてないわけね。要するに、送付人の記載欄がないわけ。これ

間違いなく、返金したかどうか管理してないね(^_^;)。

これって凄くないですか?金額的には大したことがないとは言いながら、ズルをしようとする人がいたら、防ぎようもなくわからないわけですよ。この世知辛い世の中「性悪説」が蔓延る中で「性善説」で物事を考えるなんてね。凄いです。

さて支払いをしたの?って


もちろん82円3枚買ってお支払いを済ませました(^^)。それにしても「正直者が馬鹿を見る」ってよく言われるやないですか。綺麗ごとかもしれないけど、あまり好きな言葉じゃないなぁ。うまく立ち回ったものだけが、成功するなんてね。だから

「正直者を信じる者が馬鹿を見る」

ってことを微塵にも感じていない、そんなヤイリギター社の姿勢が嬉しいね。さてカタログ請求した同志達はいったいどうしてるのかな。きっと

ヤイリギター社は馬鹿を見ていないはず

って思うんやけど。どうやろか。ちょっと甘いっすかね。でもそんな甘さに浸りたいほど「ほっこり」としたエピソードでした(^^)。

スポンサーリンク

スポンサーリンク