奥が深い弾き語りのギター奏法 基本練習を繰り返し当たり前の事を当たり前にしたい

いや~今さらながらアコギは難しいですな。僕の場合は目指しているプレイスタイルが、弾き語りにおけるプレイなんで、幅広いプレイスタイルを求めているわけじゃない。でも、

奥が深ぁ~い

わけですよ。

僕は中学時代からアコギを始めたわけね。当時は周りの多くが、フォークソングのコードストロークによる弾き語りからはじめたわけやど、多くがエレキギターを弾き出してバンド組んだりしてたかな。で、「なぜエレキにするの?」って聞いた事がある。すると

「弾き語りってワンパターンだから」

って答えた人が結構いたんよね。僕は不器用な方だから、ワンパターンって感じる事なく必死やったけどね。だから僕はエレキギターはもちろん、リードを弾いたりするのはほぼできない。弾き語りの伴奏...そのワンパターンをいかに正確にできるかをテーマにしてます。狭い範囲のプレイスタイルを奥深く極めたいって感じかな。

今さらながら取り組んでいるコード練習

左手の正確なコードポジションの練習と右手のピッキングの正確性を高める練習が基本やけど、最近ずーっと取り組んでる練習があってね。それは単純なコード練習...そう

「B」

です。このコード、確かに得意じゃないけど弾けないわけじゃない。僕の押さえ方は、バレーの人差し指と4弦を中指、3弦を薬指、2弦を小指のパターン。1弦がクリアに使えるってことと、B sus4を小指をスライドすることで使えるから。...いや

薬指1本で4弦、3弦、2弦を押さえる方法ができない

って事が一番の理由かな(^_^;)。若かりし日にできなかったんよね。

でもリスペクトするこの方が、


Char氏とALFEEの坂崎幸之助氏が対談してるコチラを見てね。坂崎の幸ちゃんはもともと好きなプレイヤーなんやけど、この動画で僕の苦手な

薬指1本の4弦、3弦、2弦を簡単に、そしてクリアに弾いてる

のを目の当たりにしたんよ。こんなクリアなのは見た事ないくらいに。さすがやな~って。これができれば、E♭とかがやりやすしね。ハイコードになれば、4弦中指、3弦薬指、2弦小指はフレット間が狭くて厳しいから。

で、あらためて、そして今さらながらやけどここんとこずーっと薬指1本の4弦、3弦、2弦に挑戦してます(^^)。しつこくやったおかげで、何とか形にはなってきたけどまだまだライブで使うにはためらうから。

これからもしつこく練習しますよぉ~

そう...やっぱり僕にとって、弾き語りのギターは全然ワンパターンじゃないんですっ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク