選び放題だけに迷う弦、そして当時は一択だったあの青春の弦のイメージについて

2019年1月11日

アコギ グッズ

いきなりですけど皆さんはどんな弦を使ってますかぁ~?いろんなメーカーから色々な弦が出てるから迷うよねぇ。ちょうど今が弦を買いだめするタイミングなんで、色々見てるけど、何がいいかわかんないわ。レビューを色々みるんやけど、そもそも「音の感想を、文字で書かれているのを理解する」って難しすぎ(^_^;)。「きらびやか」はまだ理解できるけど、

「ガッツがある音」なんてのもあって理解不能。

...でもこの表現好きだわ~「ガッツがある」か。

アコギを初めた当時は...

今でこそ色んな弦で迷ってるけど、中学高校時代なんて一択やったね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
YAMAHA FS520 アコースティックギター弦
価格:851円(税込、送料無料) (2019/1/11時点)

この「YAMAHA」の弦。電車にのって大きな楽器店へ行けば、たくさんの種類はあったけど、近所の「レコード店兼楽器店」みたいなお店にはコレしかなかった。だからこの弦が僕の青春の弦になりますな。

当時は「いい音する」とかそんなの考えなかった。だって一択やからね。あと今とは比べ物にならないぐらい弾いてたんで、しょっちゅう交換してたもん。

切れた弦だけをね(^_^;)。

この弦はよく切れたような気がするね。バラ弦も売ってたから重宝したもんです。弦が弱いのか、弾き方がまずかったのかわかんないけどほんとよく切れたね。

『この弦は、きっといい音するんだろうな』

当時漠然とそんな事を思ってた弦もあってね。もちろん「ギターの王様Martin弦」です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
MARTIN M140 Light 12-54 アコースティックギター弦
価格:630円(税込、送料無料) (2019/1/11時点)

当時とはパッケージが随分違うけど、王様らしい風格あるパッケージだった気がする。アコギ本体は当時購入できるわけでもないんで、弦ぐらいは!って思ってた。だから、高校2年の冬「K.YAIRI YW-1000」を購入した時、ここぞ!とばかりにこの弦を張ったわけ。で最初に弾いてみた感想と言えば...

『ふ~ん。こんなもん?...ここからよくなるんかな』

って感じ。ボワッとした感じでインパクトが全くなかったのよね。で、ここからよくなる...どころかどんどん下降して、ダメになるのも早いくらい。がっかりしたなぁ~。今考えたら、ダメじゃなく好みと違うからなんやけどね。それから何度も王様の色んな弦を試してみたけど、主力で使う事はなかったから、やっぱり王様好みじゃないんやろね。

そんな当時。よく仲間達とレコード店で売ってる「YAMAHA弦」の方が根性あるよなぁ~って言ってたっけって。だから

「ガッツがある音」

ってレビューを見て、この「YAMAHA弦」をイメージしたわけやけど...きっとそんなの僕だけだろうね。だから、音の表現って言葉では難しい。色々な思い出や経験が絡み合ってますからね(^^)。

スポンサーリンク