もし趣味でブログを始めようと思ったら...初心者級の僕が思う二つの事

2019年1月16日

ネット ブログ論

人気ブログサービス「はてなブログ」には『今週のお題』ってのがあって、そのお題に沿って記事を書く事があるんやけど、今回は

『ブログ初心者に贈る言葉』

がお題だそうな。ぜ~んぜん関係のない「Blogger」を使ってる本ブログですけど、このブログを読んでくれてる人で趣味でブログでも始めようって人もいるかもしんない。だから、少し贈らせてもらってもいいですかね(^^)。

ブログ初心者に贈る言葉


ブログ指南ってのはあちこちで書かれてるけど、趣味で始めるって前提で言えば

  • ブログを書くことにまず専念
  • ネタをあれこれ考える前に書く

この2点だと思ってる。初心者みたいな僕やけど「趣味で始める」ならそう思うなぁ。

ブログを書くことにまず専念

もともとブログ(Blog)って言葉は「Web Log:Web上に履歴を書いておく」を短縮した言葉。だからまずは、自分の周りの出来事や感じた事の履歴を書いておけばブログの体裁は整うわけです。そこに

『たくさんアクセスを増やしたい』
『広告貼って収入を得よう』

みたいな気持ちがでると、書くことよりも「そっち」に気がいっちゃうわけよ。で、それが上手くいかないとモチベーションが下がって止めちゃう...みたいなね。まずはLog...出来事や内面や考えの履歴を書いておくだけで、立派なブログだと思うことです。たとえ、それを読む人が自分だけだったとしてもね。それが出来てから次の目標を持てばいいんです。

ネタをあれこれ考える前に書く

僕は天才でもないんで、はっきりいってネタなんか尽きてるんですよ、と~っくの昔ね(^_^;)。確かに人気ブロガーの方は、ネタを精査されて起承転結もきっちりとされてる方はいらっしゃる。でもそんなのは才能に加えて、努力もされてますから。再度言うと趣味なんでね...思うままに書けばいいんよ。

Tumblr Note

「何かを強く思ったから書く」ということは、あまりありません。実際は、「何か書いているうちに何かを強く思う」という順なのだということがわかってきます。 ~情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版] / 奥野 宣之

コチラ↑↑の言葉のとおりだと思うんよね。思った事や感じた事を書くよりも、少し気になった事や出来事を書いているうちに、色々な考えやエピソードが整理できるってことがあります。僕なんか多くがこんな書き方かな。話題のニュースや商品、気になった身の回りの事の事実を書きながら、それに関する自分の考えを整理する...みたいなね。

こんなブログ論だと、多くの人に読まれるなんて難しいかもしんない。でも趣味で書くだけでもいいじゃないですか。人に読んでもらえなくてもいいじゃないですか。

自分の履歴をふり返る事ができるだけでも素敵な趣味

だと思いますよ(^^)。

スポンサーリンク