何かワクワクする言葉「プレミアム」 GUILDから魅惑のワードをまとった新モデル

2019年2月28日

アコギ その他メーカー

もともとの意味ってのは「おまけ」とか「割り増し」みたいな事だったらしく、そこから「高級な」って意味になったみたいやね

プレミアムって言葉は。

なんか僕なんかこの言葉聞くとちょって手がでないやん...って思ってたけど、レギュラーとの違いは「おまけみたいなもの」と考えればいいのかもしれないね。

GUILDからプレミアムなモデルが新発売

【GUILD】ボディ材にプレミアムウッドを採用したエレアコモデルが新登場!

あなたのアコギライフをちょっと贅沢に。 D-260Eデラックスはあなたのアコースティックライフをちょっと贅沢なものにします。 ソリッド・スプルーストップに美しいストライプエボニーバック&サイドの組み合わせは歯切れよく、低音レスポンスのよい力強いサウンドを奏で ます。マザーオブパールロゼッタ、パーフェロー指板とブリッジ、そして美しいグロス仕上げがこのギターの美しさをより引き立てます。 プラグドでも自然なサウンドを奏でるヴォリュームとトーンのコントロールが付いたFishman Sonitoneピックアップを搭載し幅広い現場で活躍できるモデルです。

タイトルからして「プレミアムウッド」ってある。木目好きの僕にとって、これだけでそそりますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
GUILD D-260E DELUXE 【3月8日入荷予定】
価格:76140円(税込、送料無料) (2019/2/28時点)

とはいいながら、値段的にはそれほど割り増しではない感じ。

見てみると、サイド・バック材に「ストライプエボニー」って材が使われてる。エボニーって言えば、指板やブリッジなんかによく使われる真っ黒な材やけど、こちらは縞黒檀って呼ばれる茶色と黒が混ざったような材。これがサイド・バックに使われてるようです。

なんかいい感じやん(^^)。

何がプレミアムかって言えば

間違いなくこの見た目でしょうな。サイド・バックは「ストライプエボニー」合板なんで、生音がどんな傾向かって事を語るよりも、アンダーサドルのピエゾピックアップが装着されているように、ライブなんかで人前に披露する際に

他とは違うこのエキゾチックな見た目がプレミアム(おまけ?)

って事なんだと思う。僕は見た目で選んじゃっていいモデルだと思うな。プレイヤビリティや値段が許容範囲、そして何より...

見た目が惚れてまうやろぉ~(ふるぅ~)

って方はいかがでしょうかね(^^)。

スポンサーリンク