スターの訃報に触れ 人気者ってどんな人なのか?そんな事を考えてみました

2019年3月31日

Life Log ニュース

ショーケンこと萩原健一さんが亡くなりました。カリスマ性を持ったキャラクターなんで各世代、各方面から追悼の言葉が出されてます。ただ

中尾ミエ 萩原健一さんは「好き勝手に生きた。かなり皆に迷惑を...」/デイリースポーツ online

コチラのニュースにありますように人気者であったのは確かですけど、「真面目」というよりかなり「型破り」な方だったようですね(^_^;)。

真面目過ぎるのは?ってありませんかね

僕は「真面目ですね」と言われることあるし、自分でも「まぁ~真面目かな」とは思ってます。これ褒め言葉とは思いますが、100%そうなのか?っていうとそうじゃないもシーンあるように思うわけです。


例えば学生時代のクラスの人気者を浮かべてみると、真面目な人がそうだった記憶ってあんまりないんよね。ちょっとやんちゃだったり、ユーモアあふれる奴だった気がする。決していい奴だったのか?と聞かれれば、わがままで自己中心的な感じの奴もいた。でも不思議と人気があったもんです。

一方、高校時代の同級生で「人間完成品」の異名を持つクラスメイトがいたんよね。そんなあだ名がついてるくらいやから、いい奴でしたよ(^^)。決して怒る事はないし、人の悪口を聞いたことない。クラブも授業も真面目にこなして、そこそこできる。だから周りは彼の事を嫌いだなんて言う人はいなかった。でもねぇ~

人気者だったかと言われれば疑問が残るんよね。

Tumblrで見つけた言葉ですが

Tumblr Note
「いい人」の特長はどんなものでしょうか?
・自分の意見や感情をついセーブしてしまう。
・まず人の顔色を窺ってしまう。
・つい愛想を振りまいてしまう。
・「癒し系ですね」とよく言われる。
・自分が困っても人を優先してしまう。
・他人の機嫌をとってしまう。
ってあるわけ。これ見てね、いい人って言うより自分にとって都合のいい人やん!って思ったわけです(^_^;)。だってそうですよね、自分の全てを受け入れてくれるってことやもん。そりゃ~自分にとって都合がよくていい人に間違いないですわ。でもですよ。その人に魅力があるのか?って聞かれれば話は全く別なわけですよ。

自分にない刺激を与えてくれる人

真面目であるってのは常識どおりセオリーどおりの生き方って言い換えてもいいと思う。いい人ってのは自分にとって不都合が無い人なんやろうね。でも人気者とは少し違う気がする。だって彼らは当たり障りがないから。やっぱり人は自分に無い物や考えつかない行動に刺激を受けそして憧れるんやと思うわけです。それが魅力的に思えて、その人に憧れるってことでしょうな。子供の頃は、そのやんちゃぶりに憧れ、大人になってからは破天荒な生きざまに刺激を受ける...みたいなね。数々の武勇伝が語られるスターの訃報に触れるたびそんな事を考えます。だからといって生き方やライブのステージを型破りにしようとは思わないですけどね(^_^;)。これからも基本は真面目を通そうと思ってますので(^^)。

スポンサーリンク