YAMAHA TAに派生モデル発売 若かりし日のそれっぽい音色と比較しちゃいけない

2019年3月21日

YAMAHA アコギ

あまり普段は意識していないですけど、僕がアコギを弾くポジションはブリッジ寄り側。弾き始めた頃からのポジションで、意識してないけど結果オーライかな。だってご存知のとおり弾くポジションで音色って変わるじゃないですか。
  • ブリッジ寄りで弾けば硬めの音色
  • フレット寄りで弾けばまろやかな感じ
  • サウンドホール真ん中はその中間
って感じですよね。僕は硬質な感じがアコギらしいって好きなんで、弾くポジションと好みが合ってるわけです。偶然やけどね。

高校時代によくやってた事

相棒達と2~3人でもアコギグループみたいな事をよくやってた頃。アコギが3本もあるわけなんで同じように弾いていても面白くないわけ。そうかといってエレアコでもなく、ましてやエフェクターなんか使ってるわけでもなかった。そんな時よくやってたのが

ブリッジ側ギリギリで弾くこと。

ブリッジ側になれば音色が硬質になるんやけど、ギリギリで弾けば

コーラスがかかったような音の感じに思えてね(^^)。

結構それっぽく聞こえて、よくそんな弾き方してアクセント付けてたもんですわ。

コーラスと言えばYAMAHAの...

TA(トランスアコースティック)ですよね。ご存知アンプにつながなくても、コーラスがかかったような音が鳴らせるってアレです。何回かその仕掛けを説明しようとした記憶があるんでここでは省略。イメージ生音がコーラスかかってるって感じですな。



コチラ↑↑でイメージを確認いただければよくわかると思います。さてこのTA。「L」や「FG」シリーズのモデルが発売されてますけど、モデル展開を加速させているようです。

【YAMAHA】アンプに繋がなくてもエフェクトをかけた演奏ができるトランスアコースティック ギターのバリエーションモデルが登場です!

クラシックギターやコンパクトギターのモデルにもTAが奢られたモデルが発売されるとのこと。やっぱり人気なんですかねぇ。コンパクトボディの「CSF-TA」なんて物凄く興味ありますわ。それにしても技術進化は凄いなぁ。

ブリッジ側で弾いてそれっぽい音を出そうとした頃が微笑ましい

もんです(^^)。

スポンサーリンク