4/5 LivePsCAFEさん「異種格闘技(?)ライブ」レポ 個性を浴びて次に活かしたい

2019年4月6日

ライブレポ 音楽活動

月並みな言葉やけど『音楽をやってて色んな人と出会えた』ってのはあります。それは世代だったり、それぞれの置かれた環境や立場だったり、自分とは違うそんな方達と知り合う機会に恵まれてるのは有難いですね。

例えば音楽のジャンル。僕の起源は「ジャパニーズフォークソング」なんで、どうしても自分の音楽がそうなるし、自分から聞き探し求めるのもそちらの方向性なんですよ。でもブッキングでご一緒する方のステージを聞くと違う方向性の音楽がインプットできる。これね。自分の曲作りやライブにはっきりと表れないかもですけど、非常に参考になってます。

4/5(金)はLivePsCAFEさんでライブでした!

そういった意味では僕が出させてもらってるライブハウスでは「LivePsCAFE」さんが一番個性的っていうかなぁ...うん、様々な個性をお持ちの方に遭遇する確率が高い気がするんよね。


-------------------------------
「フレンチトースト」
「これまでも、これからも」
「歌えたらいいな」
「あかね色の時」
「咲くサクラ、散るサクラ」
-------------------------------

いつもながら僕はフォークを基調とした「オリジナル曲」で。準備していた事はできたんやけど、アコギのフレーズで何度か物足りない部分があったかな。このあたり振り返って改善したいんやけど、どのフレーズかは覚えてるものの「なぜそうなったのか?」がわかってない(^_^;)。自分の感覚と弾いているのが異なる感じなわけね。いつもやってる曲のになぁ~。やっぱり練習で感覚と身体を合わすしかないんやろうと思います。非常に地味な練習になりそうですな。

さて今回も個性的な面々とご一緒しました。

快速まっすんさん


アコギでのライブは珍しい!でもアコギでもやっぱパンクロック。弾いてる楽器では変わる事のない個性はさすがです。ジャンルは違えど、そのシュールな曲作りにリスペクトしてます。

Yu-Kiさん


若いアーティストさんで、リスペクトされているアーティスト全曲カバーのステージ。自分が高校時代「剛」氏を全曲やっていた事を思い出したもの。若いだけにその感受性でどんどん自分の感性を育てられるんでしょう。若いってやっぱいいですね(^^)。

平野利美さん


始めてステージを拝見しました。懐かしい洋楽カバーで耳馴染みのある曲があって和やかに、そして安心して聞けます。MCだけでなくその弾き語りからもお人柄がにじみ出る方ですね。

勝又健司さん


同じ年なんですよ(^^)。それなのにパワフルやな~って。一生懸命ってこんな事を言うってステージなんですよ。ロックな方ですが、当然ソウルフルで熱く、そしてなにより温かさもある方ですね。

期待どおりの「パンクロック、J-POP、洋楽、フォーク、ロック」による異種格闘技ライブ。楽しませていただきました。ご一緒した皆さま、そしてお客様、マスターありがとうございました!このいただいた皆さんの個性を自分にどう活かせるか...やっぱり現状納得では進歩ありませんのでね。糧にしたいと思ってます。

スポンサーリンク