K.YAIRIホームページのトップ記事の話と愛器「YW-1000」の痛々しい現状報告

2019年4月2日

K.YAIRI YW-1000 アコギ

「K.YAIRI」のホームページについて、以前から不思議に思ってたんよね。以前もコチラに書いた

「K.YAIRI」に偽物のニュース! が、かの国では偽物でないからややこしい

酷似したブランドロゴを使った偽物が出回っている!...とのニュース記事がホームページのトップに掲載されているんやけど、なぜかニュース日付が「2019年9月」頃だったわけ。まぁ~なんかの手違いか、間違いかなって思ってたんやけど今日見たら

2030年1月1日になってるんよね(^_^;)。

『こりゃ~間違いやなく意図的やな』って思ってページをよく見ると
※掲載順を上げるために掲載日付は本来の数値でない形式に変更をしております。ご了承ください。
だって。もう完全に怒ってますね「K.YAIRI」。あと10年は許さん!っていう気持ちが伝わります。 ただこの方法、ブログで記事をトップ固定する際に使う方法ではあるけど、日付を消すなり僕らでも工夫するんやけどねぇ~。よっぽど面倒くさかったのか...いや

『10年は絶対に許さん!』っていう怒りと理解したいですな。

せっかくK.YAIRIの話をしたので

愛器「YW-1000」の近況を。ライブでも使う事はありますけど、現在のライブメインは「L-10ES」「FG-300D」のYAMAHA2機。その理由は二つあって、一つがYAMAHA達がどの場所でもセッティングが楽で音色も納得できることが多いから。僕らみたいにゆっくりとセッティングできる機会が少ないもんにとっては、これほど助かる事はないんよね。

で、もう一つがコチラ↓↓。


本日撮影した「YW-1000」。わかりにくいかもですが、トップに傷が目立ちます。


結構な打痕傷ですな(^_^;)。で、あと...これは一年前の写真ですが


弾き傷もくっきりはっきりと。って事でライブのために外へ持ち出してこれ以上のダメージは痛々しいわけね。確かに傷の多い個体ほど激鳴りという法則があるかもですが、やっぱりコンディションは保ちたいですから。弾き傷はともかく、打痕はさけなくてはね。...って言いながら

一番大きい傷は家でつけたものですけどね(^_^;)。だから家でも気をつけて取り扱おうっと!

スポンサーリンク