「ヤマハFG弾き倒しまつり」5/3~5/5太子ホールで開催 120本と強い思いに会いに行こう

2019年4月17日

YAMAHA アコギ

「極める」。憧れる言葉ですわ。以前も書いた事があります。

趣味が多くても敵わない話 趣味が無くても、少なくても

この時はテレビで「和菓子」を極めている人が出ているのをみて感銘を受けたんやけど
何か一つを極めるには集中力とそれを持続する力が必要で、それぞれの力が一流
って事やから憧れるわけです。思えば僕の人生で何かを極めた事なんてなかった。よく言えば普通、悪く言えば中途半端な事が多いわけね。自慢になるけど勉強にしても、運動にしても全くできないわけじゃなかった。でも、よくできるわけでもなかった。まぁ~普通なわけですよ。だからよくこんな事考えてた

『所詮自分には才能がないからなぁ~...』

って。でもね。これ違う!って今ならわかります。極めるには才能よりも強い思いが一番ってことを。言い換えれば才能って強い思いを持てるか、そして持ち続ける事ができるかどうかって思うね。

極める男の究極の行動が生んだイベント

極めてる!って思う人。そんな一人がミサハマギターのミサイル濱野さん(以下、ミサハマさん)。Facebook「Yamaha folkguitar FG愛好会」の主宰者でもいらっしゃるFGコレクターの方です。僕も「FG-300D」購入時にはお世話になりました(^^)。そのミサハマさんが所有するコレクションの内120本!を自由に弾いてもらおうというイベントが5月3日~5日に滋賀県は太子ホールで開催されます。


いや、これ凄くないですか?まず100本以上もFGをコレクションできますか?って話ですよ。
  • お金があるからできるんじゃない?
  • 置き場所に困らないんじゃない?
って声が聞こえてきそうやけど、じゃ

『資金があって置き場所があれば100本以上コレクションしますか?』

と聞かれれば普通であればYesとはならないでしょ。これをYesと言い実行するのが、強い思いであり極める事だと思うわけですよ。ましてやこの本数を運搬して、このようなイベントをやろう!...そしてやり続けるってどんな極めっぷりやねんって話やと思う。この「極めた思い」をぜひ目に焼き付けたい!...皆さんも是非いかがでしょう?

僕とYAMAHA FGについて

前述のとおり「FG-300D」をミサハマさんにお世話になって所有してますけど、初めて買ったのが「FG-300D」なだけであって、とりたててYAMAHA FGシリーズについて詳しいわけでもなかったわけね。でも

ミサイル濱野「ヤマハFG愛好家」

コチラ↑↑のYouTubeチャンネルで公開されている「試奏と解説」のおかげで、少しは知識を吸収できたような気がする。
  • 黒ラベル・緑ラベルはドーンっていい音がする
  • 80年代ベージュラベルは爽やか系の音がする
YouTube動画での面白口調解説で耳にした、「こんな事、あんな事」をぜひ確かめたいと思ってます(^^)。

スポンサーリンク