あの頃出会いたかったARIAのエレアコ「TG-1FX」 オマケを差し引いてもリーズナブル

2019年5月22日

ARIA アコギ

数年前だったかなぁ~。このような価格で一応聞いた事があるメーカーでのアコギが発売された事に驚いて記事に書いた事がありまして

ARIAアコギに感じてしまった得体の知れない魅力

オール合板で、サイド・バック材はタイガーウッドという材を使われたこのモデルは、実売1万4千円を出せば購入できるというリーズナブルなモデル。僕がアコギを始めた35年程前にさかのぼってもこの価格帯がアコギの最低価格帯だったんで物価を考えれば、いかにリーズナブルな価格帯なのかが分かろうというもんです。

で、今回ARIAから限定発売!

先のモデルのエレアコモデルがまたもリーズナブルな価格帯で発売とのこと。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
ARIA TG-1FX LVS エレクトリックアコースティックギター
価格:24800円(税込、送料無料) (2019/5/22時点)

その価格たるや送料込みで2万5000円弱。きてますねぇ~。ちょうど学生時代にエレアコが欲しくて欲しくてたまらん時期があったんやけど、その時にコイツに出会いたかったわ。あの時は無理して「TAKAMINE」買ったもんなぁ~。

プリアンプを確認してみると...

これが装着されてます。この「Aria AEQ-FX」ってプリアンプで以前からARIAのエレアコに使われてるやつですね。3バンドイコライザー(LOW,MIDDLE,HIGH)とデジタルチューナー、4つのエフェクトを内蔵したプリアンプがついてます。そのエフェクトって
  • 「REVERB(リバーブ)」
  • 「DELAY(ディレイ)」
  • 「CHORUS(コーラス)」
  • 「WIDE(ワイド)」
ワイドってのがちょっと「?」やけど、以外はよく使われるエフェクトなんで弾き語りライブでは機能面・スペック的に見て充分やろうと思います。ただどんなリバーブがかかるか等エフェクト機能は自分で確かめる必要はあると思うけどね。このプリアンプじゃないけど

リバーブっていうかエコー?

ってのに出会った事あるんでね(^_^;)。あくまで額面のスペックで勝手に性能機能を決めつけるのは極めて危険ですな。

でもエフェクトってオマケ機能と考えてたとしても安い。後付けのピックアップだけでこの価格帯になるもんなぁ。ライブ用に外に持ち出して使うギターなんで...とか、エレアコなんで生音は期待してないって割り切って考えればコイツの選択があってもいいかなぁ~なんて思います。ほんと

若かりし日に出会いたかった...

そう思いますわ(^_^)。

スポンサーリンク