たまには遠くもいいもんだ イベント参加のため電車で滋賀県は近江方面へお出かけ

2019年5月4日

Life Log 日記

昨日レポをアップした「2019ヤマハFG弾き倒しまつり」。

「2019ヤマハFG弾き倒しまつり」へ行った!弾いた!感動した!そして欲しくなった...

開催場所は滋賀県は東近江市「太子ホール」でした。大阪在住なもんで当初はドライブがてら現地へ行くつもりでしたけど、何といってもゴールデンウィーク真っ最中。渋滞情報が各地から舞い込んでくるわけですよ。オフィシャルの渋滞情報とは別に、SNS等で多くの人がリアルな情報を発信されてます。『大変そうやなぁ~』って他人事目線でしっかりと情報活用させていただいた結果、大きな荷物もないこともあり

公共交通機関で行くのが一番コスパがいいだろう!

ってことで電車で行ってきました!

会場への工程

現地への道のりは、まずは地元の駅から梅田へ(約45分)。そこから
  • 大阪駅 → 近江八幡駅(JR)
  • 近江八幡駅 → 八日市駅(近江鉄道)
  • 八日市駅から徒歩
という約2時間30分の道のりで、ちょっとした旅行気分ですな。それもそのはず


大阪駅のホームは国際色豊かな人達がいっぱいでごった返してましたから。僕は10:00発の新快速に乗ったわけやけど、周りには着物を着た西洋人っぽいグループが、9:53発の快速と10:00発の新快速はどちらが京都に先に到着するのかとなりのおじさんに英語で質問してたほど。『あ~かわいそうに』って思ったんやけど、人は見かけによらずおじさんは流暢な英語で「新快速」である事やその理由を説明。西洋人グループの方、大きなゼスチャーで納得してはりましたわ(^^)。

で、ここから1時間10分弱程乗車して「近江八幡」駅で下車です。

近江鉄道初体験

ここで「近江鉄道」に乗り換えになるんやけど、まず乗り口に近づくと

『交通カードは使えません』

の強烈なアピールが。ってことで、久しぶりに切符を券売機で購入しました。


令和になりましたが、昭和チックな切符ですね。もちろん磁気などなく、改札は駅員さん目検チェックのみ。う~んこの感覚が懐かしくていい感じ(^^)。


ホームにはなかなか味のある2両編成の車両が。これに乗れるだけでも何か旅してる感を感じます。またホームにある駅名看板ですけど


二色で何かオシャレな感じ。見慣れてる無骨な駅名だけを知らせる看板とは違うね。

で、電車が出発したんやけど、最初トロトロと異常なほどゆっくり走るんよね(^_^;)。準備運動になかなか時間がかかる感じなんかなぁ~。ようやく一定速度に上がったと思ったら

車内アナウンスで土地の歴史紹介が前触れもなくスタート(^^)。
  • 近江市の歴史全般
  • 近江商人の話
  • 楽市・楽座の話
などなどで、これ同じ内容を往復聞いたんで毎回やってるんやと思う。こりゃー地元の人は否が応でも愛着持つやろね。

この電車に20分弱乗って終点まで行くんやけど、これが...

道中かなり揺れます(^_^;)。

僕は三半規管が弱いんで『こりゃ~あかんやつやな』って思って遠くの景色を眺めてたほど。周りの人もケータイみたり本を読んでる人ってほとんどいなかったんで、皆さんにとっても『あかんやつ』だった可能性ありですね。


コチラが開催場所の最寄り駅「八日市」。今は八日市市も合併して東近江市となったようです。そんな豆知識も今回初めて知りました。


駅舎も歴史を感じる面持ちでいい感じ。駅前の街並みもきれいでしたよ!

電車のお出かけもいいものです

振り返れば仕事以外で長時間電車で移動するってあまり機会ないんやけど、たまにはいいな、おもしろいなって思ったね。なにより気楽なんですよ。電車って料金もダイヤ(時間)って決まってるわけなんで、事前にどうすれば最適か...なんて調べる必要ってほとんどない。車ならどうしたら一番速く着けるか、安くすむか等ルートだったり駐車場だったりと色々あるじゃないですか。それがほぼない。決められた時間や予算で自分がどう過ごすかって決めるだけなんですね。だから電車の方が

行くって行為に神経を使う車と比較して道中も楽しめる・楽しみやすい

と思う。ってことで、また機会があれば電車でお出かけしてみようかな...なんて思えた事も今回イベントへ参加した副産物となりました(^^)。

スポンサーリンク