良し悪しでなくシャリシャリ軽めが好みもいれば、ズドンと低音の響きが好きな人もいる

2019年6月25日

アコギ アコギ論

今日もしつこくライブ動画を貼り付けちゃいますね(^_^;)。先日のコチラのライブ

6/23 MK2さんでのブッキングライブ『これでどうだろ⁉️』...って満腹です(^^)

は「YAMAHA FG-300D」でのぞんだんやけど、非常に気持ちよい音だったわけね。やってる時もそうだし、撮影した動画を見ても気持ち良いくらい。



シャリシャリしててもろ自分好みです(^^)。この動画見て、ある方に言われたんやけど
ヤマハらしいシャリンとしたええ音です。一歩間違えるとバキバキになりますよね。
これうまく表現されてると思いますね。シャリシャリもある程度で薄ぺらっさの度が過ぎるって思うからね。 上はスリーフィンガーなんで、アルペジオからストロークまであるこちらの曲もぜひ聞いていただきたい。


シャリシャリの気持ちいい部分がいい感じでしょ。薄っぺらくもないしね。僕にはいい音だと思う。

高校時代のMartin弦との出会い

何度か書いた事あるかなぁ~。以前持ってた「FG-300D(今持ってるのは2代目)」にギターはMartinなんて買えないから、弦だけでも!って思いから張ったのよね。でも

『...う~ん。レコード店にあるYAMAHA弦の方がいいやん。』

って思ったわけです。後日そんな話をギターに詳しい方にしたら「そりゃ~Martin弦はMartinに張ってこそやで」って言われた。その時からかな、ブランドにはブランドの音色を持ってるんだなって。

ブランドの音と好きな音・いい音

僕が持ってる4本はK.YAIRIの2本にYAMAHAの2本で全て日本発ブランドの日本産です。キャラクターは異なっててK.YAIRIの方がバランスが良くて、YAMAHAの方がキャラが強いとは思う。ただ両ブランドともどちらかと言えば軽めの音色だと思うわけね。これがブランドの音だと思うし、そしてこれが僕にとって好きな音だし、いい音だと感じるから結果この布陣なわけです。

確かにMartinやGibsonの音が好きな人が多いとは思う。でも誰もが一番好きな方向性でないかもしれない。僕は自分のライブ動画を後で振り返って

思わずニンマリした時、いつもこんな事を思う

わけです。だから見た目もそうだけど、音も自分の好みって大事だと感じますね。憧れのブランドを購入してニンマリするか、弾いて耳に入った音色でニンマリするか...。どちらも揃えば最高ですけどね(^^)。

スポンサーリンク