どんなニュースをYahoo!はトップにするのか 先日のニュースでなるほどと思った話

2019年7月5日

Life Log ニュース

今日Yahoo!トップニュースを見ると

少女誌「花とゆめ」、掲載作品めぐり謝罪 有名作家と絵柄酷似...「本来なら掲載を中止しなければならなかった」

コチラ↑↑のニュースが。

若い人が演歌を同じ曲に聞こえるように、少女漫画の絵が同じように見える僕みたいなオジサンにとってみたら、そんなトップニュースになる事かいな?って思っちゃうわけね。Yahoo!トップニュースに取り上げられるロジックがどうなってるのかわかんないけど、結構『コレがトップニュース?』ってのはありますよね。

先日見たトップニュースの話


2~3日前に「facebookとInstagramで障害発生!」ってニュースがトップで扱われてたのよね。

フェイスブックで世界規模の障害 インスタとワッツアップにも影響 - ライブドアニュース

これを見た時に『ふ~ん。まぁ使ってる人も多いし』程度で、トップニュースにふさわしいかどうかはともかく違和感がないっていうか気にも留めてなかったんですよ。そうしたら

意外な事で話題になってるんよね。
どうでもよい。ニュースにすることない。
ってYahooコメントに溢れてる事。代表的なコメントを引用すると
使わない者からすれば「だから何だ?」って話し。
なんて感じのコメントね。これを見て『その通り!』とは思った。確かにね。でも同時に

これだけコメントつくんだから、充分注目に値するトップニュース

だって。社会的に影響があるのかどうかも大事だけど、話題になるのかならないのか...わかりやすく言えばコメントつくかつかないかってのが、トップニュースを選ぶロジックじゃないかなぁ~。

今回のニュースは、障害それ自体に対するコメントってあまりないんですよ。「障害で困る」とか「対応がなってない」とかね。コメントの多くが

FacebookなどSNSに時間を費やしている人や社会への非難

やもん。そこまで見越してYahoo!がトップニュースに取り上げてるのなら、凄いなと思った次第です(^^)。

スポンサーリンク