夏休みの宿題はオリジナル曲 いつもと違うアプローチで作った歌詞をどう料理するか

2019年8月9日

オリジナル曲 音楽活動

明日からお盆休みって人も多いんじゃないでしょうか。僕もありがたい事に、今年は結構長いお休みとなってます(^^)。台風が少し心配ですけど、さてこの夏休みに何をしようかな?って。...毎年この時期は、そんな子供の頃のワクワク感が蘇りますね。

さて今年の夏休みの課題は...



今年というかここ数年は、夏休みにオリジナル曲製作にとりかかってます。僕は「ぱっ!」と歌詞やメロディーがおりてくるタイプではないんでね。とにかく時間がかかるわけですよ。特に歌詞がね。だから休み前に歌詞を作って、休み中にメロディーをつけるのがルーティンになってます。

今回は珍しくテーマも決まるのも早かったのもあって、2週間程度で歌詞ができたんですよ。ちょっと季節ものの歌詞になったんで、その季節が来た時にはどんどん歌えるようになりたいなって思ってます。

さてその歌詞についてですが

Tumblr Note

情報を語るな、体験を語れ

って言葉を見てね。これブログ記事に書く時に意識している事ではあるんやけど、オリジナル曲もそうかな?って思ってね。

今まで心に思ってる事や考えている事を中心に歌詞におこしてきたけど、今回は出来事や体験を描写しようって思ったんです。でもそんな劇的や出来事や感動の体験なんて、あまり無いから大変やったんやけどね(^_^;)。でも、残しておきたい出来事が見つかって、それを歌詞にできた事...ここまでは順調でよかったなって思います。

あとは、いいメロディーが付ければいいいなぁ~。そして、歌う度にその出来事がいい思い出としてよみがえってきますように。今はそんな思いです。さて...どんな曲ができるやろか?もちろん僕さえわかりません(^_^;)。

スポンサーリンク