G社だけでなくYahoo! Japanも...入り口を一緒にすれば使ってくれるものでない

2019年8月13日

サービス ネット

僕がニュースのポータルサイトとして使うのは「Yahoo! Japan」。ヘッドラインでニュースを確認するのも、天気予報も。そんなにお世話になってる「Yahoo! Japan」ですが、展開するサービスを利用しなくなってきたなぁ。「ヤフオク」なんか典型的やね。一時はよく出品したり購入したりしてたもの。それが随分と前から、ショップ系の出品の方が目立つようになって、オークションの楽しみが無くなってきたもんね。もう個人が何か出品ってなると

『メルカリに出品したらいいやん』

みたいな会話になるもんね。ヤフオクじゃないところに時代の流れを感じるね。

Yahoo!のこんなサービスも終了の案内が...


Yahoo!ブログが今年の12月をもってサービス終了になるってのはご存知のとおりだと思います。僕も使ってた覚えがまったくなかったけど、テスト的に使ってたようで終了が決まった際にはメールで連絡いただきました(^^)。終了の案内から終了までそれなりの期間がある事、そして他ブログ(Amebaブログ、Livedoorブログ、Seesaaブログ、はてなブログ)への移行ツールまで用意してくれてるんでまだ良心的って言えるかもしれないですね。ただBloggerを使ってる僕としてはBloggerへの移行ツールも用意して欲しかったけど(^_^;)。

ネット業者のサービスの行方

今回はYahoo! Japanによるブログサービス終了のニュースですけど、その他にもさまざまなネット業者がサービス終了してます。Google社がサービスの将来性に見切りをつけるのが早いのはご存知のとおりでしょう。でもね、Yahoo! Japanも結構見切ってまして
  • Yahoo! Days(SNS)
  • My Yahoo!(個人用ポータルサイト)
等を終了させてます。これからも色々終了となるかもしれないですね。

このネット業者のサービス終了を見て思うのが、追従サービスってのは難しいなぁ~って事です。追従サービスって表現したのは他で何らかのサービスが人気があって、それを後追いでよく似たサービスを提供する感じですね。

だって後追いするって事は、スタート当時シェアが無いわけですね。そこから新参者がシェアを獲得するにはそれなりの時間と労力がかかるわけですよ。その時間がネットの世界では猶予ないっていうかなぁ...。流行り廃りの激しい世界なんで、時間をかけてじっくりってわけにいかないのがつらいよね。となれば

よく似たサービスを急ごしらえで用意する

って事になりがちになるわけです。そこに独自の考えを加えて、今あるサービスをこのように使え...的にもっていく。使い方が確立しているネットサービスに「このように使え!」って、これはダメでしょ(^_^;)。

たぶんGoogleにしてもYahoo! Japanにしても、自社ポータルを使っている人はそのポータルからの動線で色々なサービスを使ってくれるって思ったんやろうけど、ユーザーは便利なものなら入り口が違っても使うって事だと思います。だから、これからはポータルサイト系のネット業者が今あるサービス追加って厳しいんじゃないかなって思いますね。

スポンサーリンク