この読書は長くなりそう 散りばめられた言葉や表現からの彼女の本心はいかに?

2019年10月16日

Life Log 読書

今ワールドカップと言えば「ラグビー」と答える人が多いと思うけど、昨日までバレーボールのワールドカップだったわけです。女子からはじまって男子となるわけで、ここ数年は女子で楽しみが終わってたわけね。それが今年の日本男子チームはなかなか見どころあって面白かったです。4位という順位もさることながら、試合中のプレーを見ながら何度「おぉ~!」って叫んだことか(^_^;)。来年の東京オリンピックへ向けて、メダルは難しいかもしれないけど可能性があるかもって思えた程。楽しみですね!

読書の秋に手に取ってる本

何度もこのブログでも紹介しているように


コチラ↑↑の本を読んでます。で、まだ読了してません(^_^;)。

というか、小説とか自己啓発本・ハウツー本は一気に読むんやけど、エッセイとか詩集とかは作者の考えを色々考えながら読むので時間がかかります。で、何度も読み返したりして。言葉一つ一つを解釈しようとすると、どうしてもそうなりますな。

僕もオリジナル曲を作って歌詞を作るんやけど、それぞれの言葉やセンテンスは色々な思いや意味を持って作るわけ。でも、ちょっとわかりにくい...とか言われることもある。だから読み手にまわった際には、書き手が言いたい事がもっとあるんじゃないか...とかを考えてじっくり読んでしまうんよね。今回の本も言葉とかはわかりやすいんやけど、もっと深い考えがあるんじゃないかって思ってしまう。そんな感じが全体ににじみ出てます。やっぱりこの方は芸術家だよなぁ~って。

さてその本に嬉しい言葉が!

物事を「私は好き?」「私は嫌い?」で判断すると自分が見えてくるって話がありまして、好きなものと嫌いなものを挙げれらてるわけです。そこの一節...
「私は好き。春の雪 XXXX XXXX XXXX フレンチトースト XXXX」
おお!...全く意味が違うのはわかってる!いやわかってるけど



常盤ちゃんに好きって言われてるみたい!やん。...いや違うんやけど、わかってるんやけど、たまらなく嬉しくて仕方がない今日この頃です(^^)。

スポンサーリンク