アクセスアップが難しいとされる日記ブログ でもこれなら人気ブログになるかも

2019年11月25日

ネット ブログ論

常識なんてのは、「正しい」って事ではなく「その時々で皆がそう考えていること」に過ぎないのは承知のとおりです。天動説が一般的だった時代のガリレオガリレイ『それでも地球は回っている』を例に出すまでもなくね。だって僕らの子供時代には
  • 足腰を鍛えるのにはうさぎ跳び
  • スポーツ時に水を飲むと疲れる
なんて言われてたんです。今の常識ならうさぎ跳びなんてすると脚を痛めるし、水を飲まないと熱中症になって命の危険さえあるわけですから。常識だからといって信じてたら偉い事になりかねません(^_^;)。

ブログでの常識の一つ


ブログのアクセスアップ方法の話で、よく言われてる事は有名人でもないかぎり日記のような記事は誰も読まないからNGなんて言われてて常識っぽい。確かに、誰も知らない人の日常なんて普通は興味が薄いのは確か。でも、人気ブロガーの自由ネコ師匠のコチラのエントリーを見て、それは間違った常識かも...って思った!

単なる普通のおばあさんの日記ブログを夜更けに熟読してしまった - 自由ネコ

誰に対して書いてるわけでもなく、誰にも読まれてるとは思えないブログだけど、思わず読んじゃったって話。で、その目を引いた理由ってのは

日常生活に次から次に訪れる困難に目が離せなくなった

って事らしいです(^^)。その困難が...
  • 家庭内別居
  • 遺産相続争い
  • 死んだ兄妹に内縁の配偶者がいた
  • 寄る年波に勝てない身体の不調
  • 心を許す友達がいない
ってことみたいで、もう困難のテンコ盛り状態ですな。

誰に対して書いてるわけでない日記ですが...

なるほど!読んじゃうかも。って言うか読みたい!例えば「Yahoo!知恵袋」みたいな相談事を受けるサイトとかあるじゃないですか。これに似てるかもなって。本当かどうかはわからないけど、その相談事の中には本当に悲惨な状況から救いを求めるような相談ってあります。

そんな悲惨な状態を憐れみをもって見てる人も半分はいると思うけど、人ってのは浅ましいところがあって半分はその不幸を野次馬的に見てる人もいるはず。もう少しつっこんだ言い方しちゃうと、自分よりちょっと悲惨で不幸な人を見て安心する人っているんじゃないかなぁ。同じ境遇の人から共感もたれるってこともあるやろうし。

だから自分が悲惨だな~とか困ったなぁ~って事は、書く事によって自身のストレスが発散されるだけでなく、誰かを救ってるのかもしれない。俗な言い方すると、楽しませてるかもしれないわけです。もちろん匿名って事になるけど、うまく誰かの目に留まれば日記といえど人気にブログになるかも...なんて思った次第です。

『匿名で新しいブログはじめるか?』

なんて少し思っちゃうね(^^)。

スポンサーリンク